読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TH.Another Room

学生時代に書いた文芸作品をアップしています。

短詩集「流れ落ちてゆく青空」

???電波 読書上級者向け

「らんらんらん」
わたしは青空を切り裂いた。
空の青は真紅の薔薇となって、ひとりぼっちの少女を喜ばせる。
母は眠った。大地は震えていない。
鎖から解き放たれた処女は銃を手にして街を徘徊する。
夜の剣は眠らない。白銀の降り積もる町のなかで割れる蛍光灯。
テレビに映るアイドルを手鏡に閉じ込めると、灼熱の炎が体中に流れる。

「魂の流れ」
餅の上の蜜柑を頬張ると、黄金の口紅をつけた達磨が空を舞う。
計画された命は堕落を避けられない。落下する道路、落下する高層ビル。
トランプに殺された父。白い熊は十字架を背負い、立ち上がる。
ケセラケセラと嗤う蛙が一匹。

「100年分の苦しみ」
剣玉を振り回す。烏が鳴く。

氷の声がきこえる。

おもちゃ箱を壊すチンパンジー。

孤独の爪。焼け落ちた寺の中の夫婦は、透明の胃薬を飲む。

心は配れない。

罪と罰
愛という言葉を信じない亀。

好物は同族。

緑色の肌と白い糸を海に沈めるミドリガメ

札束を燃やす乙女。

軽い軽い軽い。

車は祝福しない。

駒の復讐。

時計の針は進む。


「傘」
空の傘。

土を雨から守らない。

空の傘。

神の涙を落とさない。

「発見」
占い師とゴーストバードは旅に出る。
山を登った。四肢と出合った。海で泳いだ。瘴気の声がきこえた。
街を歩いた。虚無主義に取り付かれたと錯覚している青年を見つけた。
彼は空を飛べない。二人は青空を切り裂いた。
彼は少年になり、天井の蜘蛛を狙撃する。

「愛すべき疾走」
走る釜飯。揺れる贅肉。

色弱
定年退職を迎えたニワトリは、

世界の隙間を知りすぎたせいで、

物語を創れない。

「憎悪」 
子馬虐待装置。

悪夢から悪を奪う処刑者。
 
「側面」
一人には八枚の仮面がある。

嘲笑の仮面、慈愛の仮面、殺戮者の仮面、幼子の仮面、
智者の仮面、英雄の仮面、虚無の仮面、文房具の仮面。

「鎖」
遺された祈り。

鮮やかな黒髪と柔らかい穴。

心と力と混沌と狂気と絶望と小指。
二つの笑顔。

二匹の動物。

死者と神は一体となる。

産業廃棄物の集う街。
思い出は血を流す。
 
「盲目の望み」
重い荷物の中身は教義。窮屈な空の隙間で漂う、盲目クラゲ。
皇帝の仮面をはがせば、麦畑を飲み干す鯨。分解した結末。
 
「トモちゃん」
ぼくは子熊のトモちゃんがだい好き。

ある日トモちゃんが永遠を連れてきた。
 
「準備運動」
排気ガス。

真っ赤な水。

空が綺麗。

青空が貼りつこうとした。

冬の風が冷たくなかった。
 

「異邦人の童話」
飛べないトナカイは教えてくれる。サンタが丸飲みの名人であることを。
 
「ふたり? ふたつ?」
人間はパソコンを美味しいといった。パソコンは人間を哀れだと言った。