読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TH.Another Room

学生時代に書いた文芸作品をアップしています。

短詩集「逆転する虚無」

「のうみそ」 あかくておいしそうなのうみそ ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぱくぱくぱくぱくぱくげーげーげーげーげーとろとろとろとろぱふぇてくびがたかぶるあしくびがふるえるこまをまわしても むいみ 「じゅうじか」 きりすと まりあ せいしょ もやし…

ミギー

すまんの。こいつもまだ未完成のままなのじゃ(´・ω・`) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー その日の夕暮れどき、会社から自宅までの帰り道の川沿いで、私は一本の太い腕を発見した。切断口から赤い液がドク…

短詩集「流れ落ちてゆく青空」

「らんらんらん」わたしは青空を切り裂いた。空の青は真紅の薔薇となって、ひとりぼっちの少女を喜ばせる。母は眠った。大地は震えていない。鎖から解き放たれた処女は銃を手にして街を徘徊する。夜の剣は眠らない。白銀の降り積もる町のなかで割れる蛍光灯…

アイ

まだ未完。ちなみに一度Twitterの方にアップしたこともあるよ。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 『0』 「バラバラ殺戮」 好きな人を 嫌いな人を バラバラに殺してみましょう 両親も 友人も 無関係な人も バ…

芸術家肌の仲良し兄妹

今日、妹の空子(そらこ)が、僕の部屋の前で壊れたジョークを吐いた。「兄さん、この辺りに機関銃を売ってるような店を御存知?」 その台詞を口にした空子が、薄気味の悪くなるほどさわやかな笑顔をしていたために、焼け付くような混乱と軽度の頭痛が同時に…

四匹の手

とある小さな島に四匹の「手」がいました。彼等は仲良し義兄弟です。長男のアカは赤く、次男のアオは青く、三男のキは黄色で、四男のミドリは緑色。みんな生きていることが楽しくて仕方ありません。 彼等は、かつて人間たちの下で酷使されていた「手」でした…

マリーのライフワーク

とある山小屋に、一人の小さな魔女が住んでいました。彼女の名前はマリー。少女は親も居なければ、学校にも通っていません。けれどたくさんのお友達がいました。そんな彼女のライフワークは、苦しむお友達を助けることです。嘆きの声が今日も小屋に届いて、…